クマならレーザー治療を行ないましょう【改善方法は色々】

目の下を健康的な色へ

鏡に写る姿

目の下にできるクマが目立ってしまうと、老けた印象や疲れているような感じに見えてしまいます。メイクで隠すことはできても根本原因が取り除かれないのでは、悩みの解消にもなりません。このようなクマはレーザー治療で改善していくことができるので、これで健康的な目元が目指せます。

More Detail

目元の印象を改善する医療

お肌のケア

目の下のクマは、疲労の蓄積などによる血行不良によって発生するほか、紫外線を浴びて色素が沈着した場合などにも作られます。加齢とともに自然に解消することは難しくなるため、本格的な改善を目指すにはレーザー治療などの美容医療が必要となります。

More Detail

目元の印象を改善する

鏡を見る女性

人間の顔は少しの変化でも大きく印象を変えることになりますが、その中でも変化が大きいのが目元に現れるクマです。クマが現れる理由はいくつかありますが、このうち色素沈着を起こしているものに関しては美容クリニックのレーザー治療で改善することができます。

More Detail

目元の治療

整形治療

目元の美容整形手術で一番施術件数が多くなっているのは、一重まぶたを二重にする整形手術です。しかし、目元治療の種類がそれしかないわけではありません。実際には、目の下にできているクマをなくす治療が行われるケースがかなり多くなっています。目の下にクマができていると、疲れて不健康そうな印象になります。また、実年齢よりも老けて見られるようになるため、悩んでしまう人が少なくありません。目の下にできる茶色いクマは、色素沈着によるものです。皮膚自体に色がついてしまっているので、色素を分解する効果があるレーザー治療が有効です。色の濃さや大きさによっては複数回のレーザー照射が必要になる可能性がありますが、1度のレーザー照射でキレイにクマをなくすことができる場合もあります。副作用がほとんどない方法であるため、多くの人がレーザー治療を受けています。

人間の体は、日光を感知すると細胞内でメラニン色素が生成される仕組みになっています。日光には大量の紫外線が含まれていますが、紫外線は人間の体に悪い影響を及ぼします。この紫外線をブロックするためにメラニン色素がせっせと作られるわけなのですが、用済みのメラニン色素がキチンと体外に排出されず、そのまま細胞内に残ってしまうことが時折あります。目の下にこの現象が発生した場合、それは茶グマになります。先程も述べたようにレーザー照射でこのクマを消すことができますが、すぐそばに眼球がありますので、慎重にレーザーを照射する必要があります。普通は、眼球をガードする器具を患者に装着させた上でレーザーを照射します。正しい知識を持つ熟練の医師であれば、安全性が確保された方法でクマ治療を行ってくれます。